フリーランス1年目の収入のリアルと、お金と引き換えに得たかったもの。

書きたいことはたくさんあるけど
体力と時間が追い付かずにいました。

書きたいことって、書きたい!と思いついた瞬間が、旬ですね。
「あとで書こう」と思っても、どうしても記憶も熱意も薄れてしまう。


先日、確定申告を終えて
昨年の莫大な為替損失と事業赤字に涙目になりました。苦笑

さらに、ひっそり隠し玉として運用していた資金が、
トルコショックでロスカットされてしまったのよ…(´;ω;`)
鎧をはぎ取られた気持ち。

それでも表情一つ変えない税理士さんは、さすが色んな人を見てきたプロだ。
むしろ、「こんなに(為替損失)あるなら、今年使わないと勿体ないよ」と言われた。笑




安定を捨てた代償のリアル

年収450万円の、安定しているといわれる専門職を辞めて3年。

この3年間、年収(給与所得)は連続して130万円でした。
(画像上部「カ」)

2019年確定申告書

貧困ギリギリライン。

お勤めしていた当時、
マンションの(結局買ってないよ)頭金にしようとしていた貯蓄も、もうありません。

今気づいたけど、タイトルの「年収3分の1」以下じゃん。笑
改めてひどいなw



0円起業、初月月商〇十万…
耳障りの良い誘惑を鵜呑みにしていませんか?

今気づいたけど
事業の経費(↑画像中央①)が、
せっせと働いて得たアルバイト収入とちょうど同じくらいかかっています。


わたしは仕入れや実店舗を必要としない
比較的ローコストで始められるデザイン業をしていますが

それでも、質のいいお仕事
自分にも相手にも、不快不便なくサービスのやりとりをしたいと思ったら
さすがに0円起業とはいきませぬ。



毎月、振り込まれたお給料を一度も手に握ることなく
引き落とされて行く切なさったら。

「やばい。そろそろほんとに死ぬな」
「身の皮剥いでお金にでもなるなら、そうしたいくらい」
「生活のレベル落とさないと」と
卑屈になったことも、一度や二度ではありません。


日々検索するワードも
ローンや貧困、生活保護のことなど、ネガティブなものばかりになっていきます。

普通に働いて、家庭を持って
休日をのんびり楽しんでいる過去の友人には
みじめになるから絶対に会いたくなかった。

時々、SNSの申請が来ては削除しての繰り返し。



あなたが期待しているであろう
飲みに行くお金も、雑談に費やす時間も、どこにもないよ!!と
怒りすら湧いた。


「起業して初月でサラリーマンのお給料越え♪」
「月収●桁!!」
などという甘いキャッチコピーもよく目にしますが…

大多数の方の脱サラ起業のリアルは
こんなもんじゃないかと思うのです。



ということで
何の下準備も情報収集もなく、マインドだけで
安易に「起業したい!」という過去の私のような方がいたら

わたしは自分の経験も踏まえて
(口には出さないけど)
やめておいたほうがいいよーと思ってしまいます(*´з`)

以前の記事(→起業「したい」人は、起業「しない」。)にも書きましたが
そもそも、本当に覚悟と準備をもって起業に臨んでいる成功者予備軍の人であれば
人に「起業したい!」と自己アピールしている暇はないでしょうしね。



数字を突き付けられ、削がれる自尊心

脱サラした人がよく言う
「貯金がみるみるうちに減っていく恐怖」は
想定内だったのでそこまでうろたえることはなかったのですが

稼ぐことがひとつのアイデンティティになっている自分にとって

生きるためのコスト > 自分が生み出した収入 という事実は
まるで自分が世間のお荷物だということを突き付けられたようで
とてつもない無価値観、自己嫌悪に襲われました。

虚しさ

ところで、脱サラしてフリーターになって以来、
無職の期間もちょこちょこあるにしても
働いている時間自体は、正社員時代とさほど変わっていません。

むしろ、お金が必要になる度にWワークしたり、深夜勤務をして
体力的にはこちら(アルバイト)のほうが相当しんどい。

ボーナスの有無は結構大きいと知った。



地域によって物価や最低賃金に差はあれど

他人の話を総合しても、自分の体感的にも
アルバイトが時間と体力が許す限り働いて得られる給与所得って
年収150万円が限界だと感じました。

それ以上を目指すと
遅かれ早かれ、どこかで必ず体か心を壊します。



人と差をつけるために不可欠なコストとは

それでもなお、わたしが身を削ってこのフリーター生活を続けることには
理由があります。


ひとつは

企業に雇ってもらって働く、ということは
そもそも自分の将来に求める本質じゃないから。

会社のビル

会社員生活の長い、ある程度会社で結果を出せている優等生さんこそ
誤解してしまいがちなんだけど

会社での実務経験が糧になることを差し引いても
企業で働くことと、自分が自営業として成功することは
同じレール上には存在しない
わけで

会社で気に入られることと、
自分個人のお客様に好きになってもらうこと
わたしの目指す「自分ブランドの構築」は、全く別物です。




ブランドのある会社に所属していることが
ステータスとなったサラリーマンカーストとは一線を画して

人と違う魅力を持っていて初めて勝負できる
「個人の時代」が到来した今、

人と同じ行動パターンをしていては、
いつまでも差がつきません。

脱サラして起業するために
その他大勢から頭一つ抜けるために絶対に必要なものを聞かれたら

体力

だと、今なら迷わず答えます。


資金不足を補填するために働くにしても
限られた時間を削って勉強や情報収集、事業計画を練るにしても
結局、体力が必要ですからね。



わたしは体力があまりなくて
特に、睡眠時間を削るライフスタイルはしたくなかったし

事実、昼間働いて帰ってきたら
頭も体も疲れてパフォーマンスも最悪だったため

フルタイムで働きながら
片手間で起業をするのは無理だと諦め
時間の確保、体力の温存を最優先にしました。


自分はメンタルを病んで体力もろともダウンしていた時期もあり
体力や集中力の限界を幾度となく感じ、悔しい思いをしました。




世間には、お仕事から帰ってきてから頭を切り替えて
夜中に寝る間を惜しんで自分のビジネスや勉強をしているスーパーマンは
少なからずいるけど、自分は無理でした。

特に、女性の場合は
睡眠不足はホルモンバランスを大きく狂わせるので
寝る間を惜しむのは超絶おすすめしません。

わたしは女性としての自分を大切にしたかったので
睡眠時間の確保は絶対に譲れませんでした。

ボランティア

ですから、融通のきく働き方と引き換えに
収入を犠牲にしたわけです。



リスク覚悟で自分の時間を死守して、得たものとは

なんだか言い訳くさい文章になってきてしまったので

わたしがフリーター生活をして以来
「解放されたもの」「捨てたもの」をシェアしますね。

  • 何をするわけじゃないけどそこにいなければいけない拘束時間
  • 家の中で翌日の仕事のことを考える時間とストレス
  • 職場の人と当り障りのない雑談をしなければいけない昼休み
  • 自分が参加している必要性があまりない会議
  • 「スキルアップのため」に行かざるを得ない、新しい学びのない休日の勉強会とその会費
  • 別に好きじゃないけど関わらなきゃいけない人との関係、そこで晒されるストレスや話を合わせる気疲れ
  • 上司やお客様を立てるために、自分を曲げたり個性を殺したりすること
  • 出世や収入UPに結びつかない勉強や努力
  • 愛想笑い
  • (会社の飲み会や親睦会、出産祝いなどで使っていた)交際費

改めて書いてみると多さにビックリしたけど(笑)

そう、フルタイムで働いていると
無駄な時間がやたら多いな、と思っていたのです。

これらを捨てて得たものは

  • 1日2時間の時間(早めに出社していた時間+昼休み)
  • ストレスや自分の個性を隠す必要がなくなり、アイデアが湧くようになった
  • 本当の意味で何者にも思考を制限されない、自分だけの自由な時間ができた
  • 「こうあるべき」「みんな一緒で安心」という価値観に触れる機会がなくなり、人と違うことをすることにいちいち罪悪感や後ろめたさを感じず済むようになった


ざっくりいうと
自分に集中することができるようになった、という感じかもしれません。



一人になって、むしろ孤独じゃなくなった

よく、起業家は孤独とか、友達を失うとか言うし、

わたしも好き嫌いは置いておいて
過去の友人と連絡を取ることを一切やめました



だけど、それで孤独になったかというと
価値観の違う人と分かり合えない孤独感や疎外感がなくなって

むしろ、人の輪の中にいるよりも、孤独感は感じなくなりました。



人と集まってワイワイするのが好きな人にとっては
苦痛でしかないかもしれないけど

一人でなにかに熱中できる、内向的な人にとっては
思い切った人間関係の断捨離はプラスになるかもしれません。



時間を価値に昇華するために

ということで、長くなったけれど
わたしがフリーターになってまで得たかったものは

余分なものを排除して
本当の意味で自分に必要なものだけを残し
それを磨いていくことに専念する時間




それは、自分のデザインコンセプトとも同じ。

尊敬

エッセンシャル思考というものでしょうかね。

自分にとって大切なものって、わざわざ人に共有する必要はなくて
自分でしっかりと抱きしめていればそれで良い、とわたしは思っているけど


最近になって、
ようやく独自の事業の方向性と日差しが見えてきたので
自分を信じて辛い冬を耐え忍んでよかったなぁ、と思えるようになってきて

先が見えなくて悩んでいる誰かの励みになったらいいな、と
綴ってみました。


デザイン・ホームページの受注制作を受け付けています

ロジックに基づく、「仕掛けのあるデザイン」
あなたのビジョンを格上げ。

デザインコンサルで、単価アップや
売上アップを一緒に目指しましょう★

デザインバナー

↑ 詳細メニューはこちらから