無理な要求をする顧客がついに現れた話と断り方。

独立してから私がこだわり続けてきたこと。



それは、

いやな人と関わらない

このことに尽きる。

補足しておくと
わたしは人一倍お人好しで、
自分のことを差し置いて無意識に人に尽くしすぎてしまう性格。


HSP(繊細な人、敏感な人)とも呼ばれる
人の求めているものが感じ取れすぎてしまう性質です。

普通の人が気にしないことまで気に病んでしまって
めちゃくちゃ気疲れします。

五感が敏感で
ちょっとした雑音やにおいが
ものすごく不快だったりもします。



尽くしすぎてしまうからこそ、付き合う人を厳しく選ぶ


今までお勤めしていた時も当然、無駄に気を利かせすぎて
便利屋さん化してしまったことは、一度や二度ではない。


なにより、人に尽くして自分がちっとも幸せになっていないのだから
そんなのもう、やめたい。


その一心で、独立しました。

ただ、人の思いを汲み取って尽くすのは得意というか
自然にできてしまうことなので

自分を搾取する人は
友達であれお客様であれ、縁を切る。

(意図して奪おうとする人もたくさんいたけど
悪気のない人も少なくないので、けっこうこれが心苦しいものです)



そのかわり、
付き合う人を徹底的に選び、その人たちを徹底的に大切にする
という生き方に徹したのです。



起こってからではなく、予防策をしっかりと。

具体的にどうやっていったかというと

まず、「お人好し」に見えないように
自分をブランディングしました。

リアルでは、背が低くて童顔なせいか
「おとなしそう」「言うこと聞いてくれそう」「良い人そう」に見られがちなのだけど

幸い、新規顧客をネットでのみ集客したこともあり
そのイメージは持たれなかったと思います。



それから、
関わりたくない人を想像して、
彼らが関わってくることができないような「防波堤」を作りました。

具体的には

  • 無茶な要望を言う人
  • 馴れ馴れしい人、意味のない雑談、誹謗中傷
  • 無料で気軽に質問や相談してくる人
  • つまり、私の有限な時間とメンタルを(悪気なく)奪おうとする人

こういう人には一切時間も気持ちも割きたくなかったので
ブログはすべてコメント欄を閉じ、
お問い合わせフォームも気軽に送れるものにはしませんでした。

気軽には来てほしくなかったので「お気軽に」とはどこにも書いていないし、
価格も大した実績がないながら市場価格相応と、かなり強気に設定した。



それがどれだけコンバージョン率を下げ、損失を被っていることかも
理解しているつもりではある。

ただ、この防波堤のおかげで、
来て下さる方は本気の方、しかも、礼節ある優しい方ばかりで
とても幸せに経営をしていました♡



人に出会えば、いやな人は一定数必ずいる。

しかし。時は来てしまった。

無理を言ってくるお客様に出くわしてしまったのです。
しかも、続けて。

というのも

  • 断れずズルズル請けてしまった仕事が、支払いの気配もないまま、段々しつこくなっていく…
  • 規約もプロフィールはおろか、メニューや価格も見ておらず、問い合わせフォームからの依頼ではなく、自分の媒体に「これ見たら連絡下さい」と書きこんでメンションするという傲慢さ。

これはもう確率論なのかなー。
自分のやり方がどこかまずかったのかなー。


だけど、前者は自分の実績になる大型案件だったし
後者は収益にもつながるので、迷いました。

で、ためしにやり取りしてみた末感じたことは

そういう人はいずれ必ず来る。
そして、当り障りなく応対しても
(本人に自覚がないから)何度も無理難題を言ってくる。

さっさと断って、いやな気持ちを引きずらない!!


これに尽きるということ。


人は変わらない。モンスター客は、改善を期待せず切り捨てる

結論から言いうと
実績や収益という欲にちょっと期待した
わたしが悪かったなぁということに尽きるのだけど…


前者のしつこいタダ請け案件(料金いただいてないのでお客様ではない)は、
タイミングを見計らって案件辞退を申し出ました。一応穏便にね。

速攻迷惑メールリストに葬ったのだけど
後から見てみたら
数日後に何事もなかったかのようにどうでもいいメールが来ていました。



もう一方の人は
例外的に一人くらいなら仕方ないかな…、と思って連絡を取ってみたら
こんどは「直接会えませんか」ときた。

どうやら何も見ずわたしが首都圏在住だと思い込んでいるらしい。

返信したら、メールを見逃しているらしく(多分迷惑メールフォルダに入っていた)
「メール届いてないですか?電話ください」という、催促が来た。

どうやら、自己中な人ってみんな電話したがるらしい。




あのね。

自分の時間と体が最大の資源のフリーランスにとって
一人のために時間を作る、ということの価値が、どれだけ大きいか。

そのことを全く理解していないから
平気で人の都合も考えず、時間を奪えるんだなぁって思いました。

そして、わからないから、繰り返す。



わたしは基本的に契約前の見込み顧客には、
30分、無料で打ち合わせの機会を設けます。

ただそれは、ボランティアでもサービスでもなくて
こちらにも、自分のお仕事を紹介させていただけるというメリットがあるし
成約を見込んでそこからお仕事は前倒しで始まっているのです。

つまり、目的があって割いている時間。

ビジネス回している方なら、わかりますよね。


人を変えるか、自分の行動を変えるか

先に書いたように
わたしは、人ってそう簡単には変わらないと思っている。

たとえ言葉で注意したところで
自覚がない人は、何度も同じようなことを繰り返します。

だから、一度不快をのんで付き合いを継続したところで
また時と形を変えて同じような思いを繰り返すだけなのです。



それって、時間の無駄ですよね。

むしろ、だらだらとわがままに付き合った分だけ
「この人は何でも聞いてくれる」と依存され

見放す頃には「今まで優しかったのに、ひどい!」と
こちらが悪者扱いすらされてしまいます。

というか、過去の自分がそんな悔しい思いをたくさんしてきた。


だから早めに気付いて、一刻も早く切るべきなのです。


我慢の裏にある機会損失

とはいえ、目の前の仕事はなんでも欲しい!
と思う起業初期の方もいますよね。

自分もそうでしたし、
だから中途半端に対応してしまった…。


だけど、個人で働く人の時間は有限で、とても希少なもの。


一人のいやな人に費やす時間のために時間を奪われ
さらに、気分を害されては

お金と引き換えとはいえ、
嫌な人のために自分を犠牲にした、ということでもあって
それってすごく悔しい。

なにより
気分の悪い状態で過ごすその期間って、
自分もネガティブオーラを発してしまっているだろうし
絶対に公私共に悪影響を及ぼします。

わたしの例のように、不思議と連鎖的に嫌な人が寄ってきたり。
いやだあぁぁ…

そう思うと
ものすごい機会損失ですよね。

大切なチャンスを捨ててまで
あなたに不快感を与える人と付き合う必要があるのか。

「Yes」という前に、慎重に考えてみる価値は、
大ありだと思っています。


人との出会いに導かれた、転換期のいろいろ。

「医療従事者」の鎧を捨ててから、ちょうど3年経ちました。

ここ数ヶ月で、色々変化があったので
それをまとめてみますね。

WEB制作会社を辞めました

昨年夏に、大好きだったバー勤務を泣く泣く辞めて
実績作りのために働きはじめたWEB制作会社を、
3月で退職しました。


で、半年ぶりにバーに復帰させてもらいました。
とっても有難いことに、温かく迎え入れてくれて
幸せな気持ちで働いています♪

退職の理由は書きたくなったら書くかもしれませんが
詳しく知りたいマニアがいたら直接聞いてくださいね♡



制作~WEBマーケティングまでワンストップで行っている会社だったので
制作スキルはもちろん、マーケティング施策など、とても勉強になりました。

が、今まで勉強になった、スキルアップできた、イコール
これからもここに居続けることがプラスになる、ではないと気付いた。

居続けるメリットとデメリットを天秤にかけた結果、
学ぶべきことはだいぶ吸収しきったかな、と。

移動

で、WEB業界でキャリアアップしたくて
転職活動をしていたのだけどね。


WEB業界の「実務経験年数至上主義」にうんざりして、
すぐやめちゃった(*´з`)

↑これについては思うことがすごくあるので、
また別記事で書こうと思うのですが


職務経歴書を盛ったりして、
会社に採ってもらえる努力をしている暇があるなら

お仕事を個人で受注できる基盤ができている自分にとっては
その余力を、お客さんを獲得する努力に回したほうが、よっぽど現実的だなと。

会社の採用担当に気に入られるより、
お客様に気に入られたほうが、実利もあるし
将来的に自分に返ってくるものの大きさは、前者の比ではない。

と思って、フリーランス業に専念することにしました♡

人に会いました

徹底的にノイズを遮断すべく、人に会わない主義の私ですが
この半年は、いろんな人に会いました。

あ、いや。盛りました。

正しくは、自分の心の中に強く焼き付いた人が
2人いました。


わたしは、

自分の言動で他人を変えることはできない、

人が本当に変わるときって、誰かに強制されたときではなく
自発的に「変わりたい!」と強く思ったときだけ。

と常々思っているのですが


相反して、
「変わりたい」「そろそろ変わり時かな」と思うきっかけって
他人の存在が大きかったりもする。

ボランティア

人との境界線をうまく引けない私の悪い癖で、
憧れの人ができるとつい、その人みたいになろう!としてしまうのだけど

悩みに悩んで、その人のようにはなれず地の底まで落ち込んだ末、
人を追従するのは本意でない、というところに戻ってこれました。

人からの目を気にすることができたのは
見栄っ張りな自分にとって「結果出さなきゃ!」というモチベーションになって
良い影響だったかな。


この時期に出会った前述のお二方の存在は
今後も大切にしていきたいなと思っています。



ベーシックインカム

最近になってようやく、
「WEBデザイナー」を自称できるようになってきました。

それは、なにより私を頼って下さるお客様が来て下さったから。

自分に自信がついた、というよりは
自分の提供した成果物で喜んでくださるお客様の表情を見て
「お客様にWEBデザイナーにしてもらっている」という感覚。

グラフィック

そのセルフイメージがひとたびつくと
会社からもらうお給料で生活をまかなおう、
生活をまかなえるくらいは最低限働かなきゃ!
という概念が外れました。


生活をまかなうだけの収入分、(雇用されて)働くとなると
どうしても、1日の大半働くという選択肢にならざるを得ませんからね。

それだと、物理的にも気持ち的にも
なかなか自分の事業は発展しない。

いや、正確に言うと
「本業の個人事業で稼いで、アルバイトのお給料をベーシックインカムにする」
というのが元々理想で、
この3年間ずっとその理想の生活を先取りしていたのだけど

実際やってみるとね、

生活費が足りなくなって
→その都度フルタイムの仕事や短期バイトをしたり、Wワークをする
→疲れ果てて事業どころじゃない、という悪循環で、
失敗、挫折の連続だったのです。苦笑



もう、事業やるなんて無理なんじゃないか。って何度も思ったし
その度に実際にフルタイムの仕事や医療職のパートに出たりもしました。


その間にも、成功して名を轟かす人はどんどん出てくる。

それに対して自分はというと、パートのおばさまたちから
「独身なら正社員になればいいのに。どうしてならないの?!」と言われながら
生活費がないからと嫌いな雇われ仕事を転々としている。

悔しくて仕方ありませんでした。

だから、この半年ちょっとの間で、
お仕事を受注できるようになったのは、大きな変革。

そういう意味では、働きながらスキルアップさせてもらった
WEB制作会社には、とても感謝しています。



仕事が途絶えた恐怖と運命の出会い

2月。

今までで一番大きな案件がローンチして
完成度にも自信があったので、
そこから新規のお仕事依頼や問い合わせがちらほら来ることを期待して、胸高々に拡散していました。



ところが、
1週間経っても、問い合わせは1件も入らない。


さすがに2週間経ち
制作案件からのトラフィックが落ち着いてきた頃

これはやばい。

と、青ざめました。

焦り

仕事が取れないのであれば、働くしかない。
(またこのサイクルか…)

そこからの、転職活動。
そして、覚悟が決まってきた頃、会社に退職を申し出ました。




ところが、不思議なこともあるのですね。

「今の会社を辞めてキャリアアップする」と決めて
涙目になりながら上司に退職の意思を告げ、
以前働いていたバーに頭を下げて復帰させてもらった数日後。

お仕事の依頼が入ったのです。



以前ご依頼を下さったクライアント様が
リピートでご依頼を下さったのです。

さらに、 ある程度手応えを感じていた第一志望の会社が不採用となり
転職活動をやめてフリーでいく!と決めた3月。

そのリピーター様が、
ホームページ制作業者を探している方を
ご紹介下さったのです。

ちなみに、
仕事を辞めるからお客様を紹介して下さい!などと頼んだわけではありません。

この一件が、私の今後を大きく救ってくれました。

ものすごく不思議なタイミングでびっくりだけど
覚悟を決めたタイミングでの、運命の出会い。

実は、先ほど書いた2人のうちの一人が
このリピーターになって下さったお客様です♡



今は、家賃の足しになるくらいの収入を
以前いたバーに復帰して働きながら
日中自由になった時間を制作に充てています。

とはいえ、この給与収入ではとても生活していけませんから
(前に働いていたときの、半分くらいしか出勤していない。)
必然的に、個人のお仕事の受注に力を入れることになる。

自分には、このくらいのプレッシャーがあったほうが
火がついていいかなぁと思っています(^^)/


新しいもの嫌いなわたしがAdobe XDを触ってみた感想。

わたしの在籍しているWEB制作会社でも
注目を浴びている(が、実務運用はまだされていない)

Adobe XD。

Photoshop好きで使用感も満足しているし、
真新しいツールたくさん増やさなくてもいいかなーと思って
傍観していたのですが

わが社のデザインチームを指揮しているトップデザイナーさんが
「これからはXDが主流になってくる!」と激しく称賛していて
(しかし、導入はしていない=今使えるようになったら先取りできる!)
単純に気になったのと

ちょうどよく
WEB制作のご依頼を受注してワイヤーフレームを作る必要があったので
ためしにインストールして使ってみました。


Adobe製品の固定概念を破るスペック

使ってみてまずびっくりしたのが

とにかく軽い!

Adobe製品って高機能な代わりに
重たいのはもう仕方ないものだと思っていたし

それでもグラボ搭載パソコンを買って
かなり動作が改善されたから満足していました。


早速XDを立ち上げると
なにやらPDFプレビューのようなシンプルな画面が出てきた。

XDのチュートリアル

インストールした直後だしAdobe製品だから
立ち上がるのに5分くらいかかるんだろうなー
そのためのプレビュー画面か説明の画面がでてきたのか、と思ったら

それが作業画面でした。

え、もう立ち上がったの?
はやっ。

しかもこれがワークスぺ―ス?
シンプルすぎない??


イラストレーターやフォトショップで
たくさんのツールがずらっと並んだパネルに見慣れていたので拍子抜けして

こんなシンプルなツールでデザインやワイヤー設計ができるのか
疑わしくしかありませんでした。笑



アイデアを直感的に落とし込めるUI

実際の作業画面は↓こちら。
すっきりしていますよね。

※適当に作ったサンプルサイトです


PDFの画面みたいじゃないですか?
はたまた、Powerpointにも似ている。

操作性も、Powerpointを思わせる直感性があって

丸や四角の描画、テキストの入力がワンクリックでできて
手数が少なくストレスフリー!

デザインを作りこむ用ではないので
色んな細かいオプションがない分
描画に要するクリックの数が少なくて済むので快適。

画像を挿入してクリッピングマスクすることもできますし
ワンクリックで色や不透明度も変えられます。


なんといっても、動作が軽くて
一つのオブジェクトを作るのに少ない手数で描画ができるのは

些細なアイデアの火が消えてしまう前に形に落とし込めるので
アイデアが命のクリエイターにとっては
言葉にしきれないほどの価値があります。



イラレとフォトショのいいとこ取り

そしてご覧の通り、
あらゆるデバイスサイズのアートボードが作れますし

現在存在するデバイスサイズが選択できるようになっているので
(iPhone、iPad、パソコン、Andoroid などなど)
レスポンシブのイメージ確認にもとても便利。

これはPhotoshopのアートボード機能にも似ているかもしれませんね。


加えて、イラレで頻出のパスファインダーもある。
いいとこどりです。

どちらかというと、オブジェクトを直接つかんで操作する点では
イラレに近いかもしれません。


よくありませんか?

フォトショで作業していて
あーーー、この図形だけ、ちょっとイラレで描画したい!!

イラレで作っていて
あーーー、この画像はフォトショで加工したい!!!

って、同時立ち上げして画面切り替えて
ファイル2つになって、コピペして…
っていう面倒くささ。

衝撃

そういう、ちょっとお隣のソフトを使いたい!
でも、同時立ち上げはめんどくさい!

というむずがゆさを解消してくれます!!


繰り返しのコンポーネントをラクラク作れる
リピートグリッド

加えて、噂のリピートグリッドを使ってみました!!

これ、めちゃめちゃ爽快です(笑)



にゅるるん、って
同じオブジェクトを繰り返してくれて

要素間のマージンも、なんと
ドラッグするだけで調整してくれます。

↑テキストも繰り返ししてくれるので
ナビゲーションをリピートして作ってみました。


不便を感じたこと

既存のショートカットやマウス操作が使えないことも

まず最初に困ったのが

ワークスペース(作業画面全体)を横スクロールできない!!
ということ。


拡大すると、
端の部分がスケールアウトしてしまいますよね。


そこで、横スクロールを使おうと思ったら
Ctrl+マウスホイール(横スクロール)が効かない。
というか、もっと拡大されるし。

XDのチュートリアル

えーーーなにこれ!!
同じ部分しか拡大できないの?!!

このままじゃ↑チュートリアル小さすぎて見れないし!


調べてもなかなかヒットしないし
もしかして、
マウスで横スクロールできるMacユーザーしか使えないソフトなの?!

と思ったところで、色々試してみたら
Shift+マウスホイールで横移動できました♪

Windowsユーザーの方はおためしあれ。

けど、当分、イラレとかフォトショのショートカットキーの
Ctrl押しちゃうだろうなぁ。



あとは、フォントサイズを変えるときに
(↑↓キーで変更ができるのですが)
マウスをぐるぐるして数値を変えることができないのも
もどかしかったくらいかな。


結論:今後も使う。むしろ超便利。

わたしは自分のサイトを作るくらいの
確認の要らないサクッとしたコーディングであれば
デザインカンプを作っていませんでした。

わざわざPhotoshopで作りこまなくても
最終的にはコードに落とし込むし、コード書きながら変えていけばいいや、くらいで

手書きでラフを書いて、なんとなくで画像サイズ決めて
コードを打ちながらレイアウトを修正していました。


けど、XDの操作性はディレクションツールとしての価値は大いにあるし
かなりの時短にもなるな、と感じました。

お客様側にとっても見やすいですしね。



チームで分業するにしても、一人で一貫して作業するにしても
XDは、別々の作業になっていた
設計→デザイン→コーディングの垣根をぐっと縮めてくれそうですね。

まだまだ知らない機能がたくさんあるので
もっとつかいこなしてみますー!

スタートは、自分に合ったフィールド選び。

挫折

ここ半年くらいで
一気に行動範囲と付き合う人脈が変わって

改めて感じたことがあったので、書きますね。




場所を変えてもみじめさを感じていた過去と、その理由

色々な起業家さんを見て
実際に対話してきて感じたのは

(こんなすごい人たちと比べて、行動できていない)自分は、
起業家向きではないんじゃないか。

という、強烈な劣等感でした。

挫折

楽しそうにどんどん活動範囲を広げていく起業家さんたち。
家で細々とコードを打ち、エラーに四苦八苦する自分。

起業家の友人ばかりになった
SNSのタイムラインを見るたびに

イベントの告知、事業の報告、
不動産を買った報告、
家族とのプライベート投稿。

それと比べては、みじめになる自分。


実際に
起業して1年を迎えた節目
事業年度が替わる節目である今のタイミングに
個人事業をたたんでしまおうか、

自分の小ささと無力さを認めて
今いる薄給の小さな会社で、贅沢しないでひっそりと働こうか。

と、とても悩みました。

だけど、思えばこれって

普通に働いていた時も、感じた思いだな。
ということに気づいたのです。


毎日同じ単純作業の繰り返しで
昇進は10年先の年功序列。

熱心に仕事をしても
患者さんには名前すら憶えてもらえない虚しさ。

休日が来ても、疲労回復と
家の掃除、洗濯と食料の買い出し、料理の作りだめをするだけの
何の楽しみもない、どこに向かっているかわからない毎日。

そんな中
友人のSNSで、子育てや結婚式の写真を見ては
誰にも選ばれなかった自分は、女性としても価値がないんだ。
と、自分に刷り込む毎日。


そんな毎日を断ち切りたくて、半ば現実から逃げるような形で
自分で0から新しい業界に飛び込んで、色々な仕事をしてみたけれど

やっぱり、結果を出している人と比べては
劣等感を感じている自分がいる。

虚しさ

結局、どこで生きても
落ち込むときは落ち込む
らしい。



他人になろうとしていないか

そういうときって、決まって
「自分じゃない何物かになろうとしているとき」だと、
顧問のコンサルタントの方が優しく教えてくれた。

「それが自分と似ている人で、尊敬している人であれば良いのだけど

自分と違う他人のお庭に入って、うらやましがるのは
本来の自分の良いところを使えていない、ということ
だよ。」と。

侵入

(わたしのコンサルさんは、コーチングのプロでもあるので、
この方にお願いしてよかったー!ってこのとき改めて思いました^^)



そもそも、わたしはその「すごい人たち」のような活動をしたいかというと
そうではなく、むしろやりたくなかったり、あまり興味がない。

自分がやりたくないことで成功して、拡大している人と比べて
そうなれない自分を責めるのは、ナンセンスですよね。

もし仮に自分がそこそこそのフィールドで成功できたとして
「本当に好きなことではないんだけどなぁ…」と悩むのは目に見えているし。


なんて意味のないことをしていたんだろう~と、気が付きました^^;


同時に、そういう時って
自分が起業しようと思った初心や、
自分にはこれができる!という強力な武器を忘れてしまっているということ。

というか、事業を継続していくにあたって、自分の強みが
当たり前になりすぎて見えなくなってしまっているのかもしれませんね。


人と比べて落ち込んでしまう時ほど、フィールドの見直しを

「どんな環境でも、活かし方次第で活躍できる」は、嘘だと思っている。


フィールドを間違えると、育つものも育ちません。

魚を土に埋めたら死んでしまうし
海中に木を植えても育たない。



自分を責めてしまうとき
人と比べて落ち込んでしまうときこそ、
一旦思考から他人をシャットアウトして、自分と徹底的に向き合って

「自分には何ができるのか」
「自分が一番力を発揮できる環境は、どんな場所か」

そのことを思い出してあげるとよいかもしれませんね ★