半年間、WEB業界で働いてみて感じた、「型」を覚えるメリットとデメリット

ノートパソコン

今年の夏に、WEB制作会社に入社して、半年が経ちました。

その前に働いていたところは、
趣味を兼ねて楽しく働いたのに対して

わざわざ仕事も仲間も好きだった前のお仕事を辞めてまで
現職に転職した理由は、
リアルなWEB制作現場で学びたかったから。

それから、「実務経験」にもなりますしね。


久しぶりのフルタイムのお仕事で
木曜、金曜あたりはぐったりしていますが
成長を実感しながらお仕事ができています。



会社ではテキストエディタ、
家ではAdobe


フリーランスとしては
「コードも書けるデザイナー」くらいの立ち位置で
主にデザインを作るお仕事をさせていただいていますが

会社での今のお仕事は、
主に、マークアップ(コーディング)をしています。

会社ではSublime(テキストエディタ)を、
家ではPhotoshop(デザインソフト)を使う二重生活ですが
どちらも愛してますよ(*´з`)

ノートパソコン


わたし個人のお仕事では、個人のお客様がほとんどですが
会社のお仕事では、企業がお客様。
(いわゆるB to Bですね)
なかには個人ではなかなかお請けする機会のないような、規模の大きな企業様も。


どうして自分の事業ではデザインを商品にしているのに
会社にはコーダーとして入社したのか?というと、いくつか理由があるのだけど
その話はまた別の機会に書くとして

WEBデザイナーのわたしが
制作現場でコーディングの実務を経験してよかったこと、そうでなかったことが
働いて半年経ってだいぶ見えてきたので、まとめてみますね★



働いてよかったこと

圧倒的な数をこなして、型が身についた

積み木

これは当初の期待通りでした。

何と言っても、自分でお仕事を受注するよりもはるかに多く、絶えずお仕事があるので、数がこなせます。
数をこなしていれば、繰り返し出てくるパターンや規則性などの、「型」がわかってきます。

そうなると、1からデザインを考えなくても
このパーツはこのあたり、という肌感覚が身に付きますから、レイアウトに悩む時間が大幅に短縮されます。


そういう規則性って、ユーザー側にも無意識に染みついているものなので
(たとえば、ページの上のほうにメニューバーがある、とかね。)
ユーザー側にも見慣れたデザイン、ストレスフリーで親切な設計になったりもします。


自分の知らなかった知識を、人からもらえた

自分で調べているだけだと、どうしても情報に偏りが出てきてしまいます。

人と一緒にお仕事をしていると、
「え、そんなものあったの?!」という情報に驚かされることもしばしば。
たまに笑われますが。笑


相対的な自分の市場価値が掴めた

わたしは開業する前に一度、WEBデザイナーとして働きたくて就活したことがありましたが、残念ながら採用に至らなかったことがあります。

なので、「自分のデザインは趣味レベル、ビジネス向きではない」というセルフイメージが未だにあるのですが、
何気なくしていたPhotoshopの操作を、「早い!」「今のどうやったの?!」と驚かれたりすることがあったりして、強みって自分ではわからないものだなぁと思ったりもしました。

業界の人に褒めてもらえるのは嬉しいですしね。


デメリット

メリットの逆にはなりますが
型が身につく分、デザイン面での冒険をしにくくなりました。

のんびり

コーディングすることが頭の片隅にあるので、弱腰になり
良くも悪くも、「いかにコーディングをラクにするか」を考えるクセがつきます。

コーディングしにくそうな、型破りのデザインを敬遠しがちになって
無難なレイアウトになりがちです( ;∀;)



今後も働くの?

働いてみて、
制作まわりのことだけじゃなくて、WEBマーケティングの知識など、
まだまだ無知だなぁと感じました。



フリーのお仕事とのバランスを見ながらですが
当面はフリーランスとのWワークをしながら、知識を肉づけして

インプットとアウトプットを並行して
自分のお客様に還元できたらいいなと思っています^^

わたしが複業をする理由と、会社勤めとフリーランスを両立するメリットをまとめてみた。(その1)

一週間が終わって3連休ですね♡

わたしは平日はお勤めをしているので
木曜、金曜あたりはぐったりしてきます(-ω-)/笑

 

 

なぜ、わざわざ疲れる
Wワークをしているのか

 

だけど、それいながら
どうして(会社で)働いているか。

 

会社

 

そこで、今回は
わたしがフリーランスをしながら
会社勤めを並行する理由と、そのメリット
について書いていきますね。

  • 独立したいけど、
    会社をやめるのと独立するの、どっちが先がいい?
  • フリーランスって実際どうなの?
    ちょっと怖い
  • 稼げるの?収入が不安。
  • 独立したいけど
    今の仕事、今の会社も好き

という方の参考になれば嬉しいです★

書いていると長くなってしまったので
数回にシリーズ化して書きますね♡

 

今回は、心と体の健康編にしました(*’ω’*)

 

 

会社があるからこそ
本業(フリーランス)に打ち込める?!

 

1. 規則正しい生活になる

 

どうしても、誰にも拘束されない生活だと
不規則になりがちですよね( ;∀;)

 

PCしながらごはん、とか
気付いたら夜中の3時!とかね…

ありませんか?笑

 

 

会社勤めしていると、リズムができるので

出勤までにこれ終わらせなきゃ!などと
強制的なタイムリミットができます。

ダラダラお仕事をしてしまうことなく
メリハリがつきますし
時間効率も上がりますよ(*´ω`*)

 

また、会社勤めのために
余力を残しておかなきゃいけなかったり
早起きするために夜更かしできなかったりので

ついつい、無限にお仕事してしまう人にとっては
働きすぎ防止にもなって
健康にもよいですよ!

 

 

 

2. 生活するための最低限の収入が確保される

 

これはめちゃくちゃ大きいです。

 

個人的には、収入が確保されること自体より

生活するのに最低限の収入が保証されていることによって
「稼がなきゃ!」というプレッシャー・切迫感を感じずに、フリーランス業に専念できることがかなり大きい。

 

特に、わたしのように
アイデアをリソースとするお仕事だと

時間や売上などに追われ、
お金ベース、時間ベースで仕事をすると、
制作物のクオリティが著しく下がります。

 

思考がぐるぐる忙しかったり
数をこなすことばかり考えてしまうと、
自由な発想なんてできやしない。

アイデア

 

ただし!
フリーランスと複業したい方の場合
ここで気を付けたいのはね、

 

会社のお給料を
少しでも多く貰おう!
としないこと。

もし、会社員オンリーであって
その先もその会社でスキルや地位を築いていくことが最優先の目的の人であれば

つべこべ言わずお仕事に力を注いで
貪欲に上を目指すことがベストだと思います。

 

多少、残業や持ち帰り仕事もしたほうが
今後の糧にもなるでしょう。

事実、わたしも独立前はそうしていました。

 

 

が!!

自分のお仕事(フリーランス業)を持っている人が
少しでも多く(会社からの)お給料を貰うために!
勤務時間を長くしてしまうと

 

自分のお仕事をする
時間と余力がなくなります。

言い換えると、複業フリーランスは
自分の仕事ができる時間をわざわざ削って、会社勤めをしている、ということ。

 

ですから
会社のお仕事と自分のお仕事を天秤にかける状況になった際には
その位置づけを見失わないようにしたいところですね(*´з`)

 

 

わたしも今は有難いことに
時間の差し迫った案件は少ないので
バランスを保ってお仕事ができているけど

時間に圧迫されるようになってきたら
こうしてメリットを書いておきながらなんですが
すぐにフリー一本にするつもりです。

離陸

 

実は、もしそうなった時に
すぐ退職できない…などという
面倒ごとのリスクを少しでも少なくするために
身軽な非正規勤務で働いているわけです(*´ω`*)

 

社会人として、なんて無責任な!!
と怒りたくなる方もいるかもしれませんね。

ですが、
自分個人を信頼してお仕事を依頼して下さるお客様の案件を
会社勤めが忙しいゆえに断ることになったり、納期が延びれば
それも同じく失礼に当たるわけですからね。

 

 

続きはまた書きますね♡

 

あなたがほんとうに欲しいのは、お金か、充実感か。

今でこそ、フリーランスをしつつ
スキルアップのためにIT会社で働いているわたしですが

少し前までは
気持ちと時間に余白をつくるため
半日勤務のバースタッフとしてアルバイトしていました。

 

 

先日、退職したバーに用事があったので久しぶりに行ったら
暖かく迎えてくれて
慣れない職場で息が詰まっていたところを、元気をもらった。

 

関係が切れても、繋がっている。

普段はつるまない主義のわたしだけど
いいよね、こういうの。

 

なぜバー勤務をしていたかというと
好きだからです♡(*´ω`*)

 

安定と引き換えに
失われるもの

 

わたしは元々真面目人間なので(笑)

うまく言語化できないけど、
フルタイムでお堅い会社勤めしていると
ただのお堅い人になってしまって
どうしても、行動も思考も固まってしまうのよね。

オンとオフをうまく切り替えられる人になりたい…

 

でも、起業して
独自の商品や個性を伝えていくには
頭の中の繊細なアイデアを形にするには、

この、「縛り」がとても邪魔。

 

そこで、思い切って、

お酒と音楽が好きだという理由だけで
夜の世界に飛び込んでみたのです♡

入ってみたらホステスだった…とかだったらどうしようと思ったけど
お水ではありませぬ

 

 

「好き」だけでお仕事を
選んだ結果

 

そんな基準でお仕事選んで
ちゃんと続くのか?!と思いますよね。

実際に働いてみると…

 

お店も人も大好きで
そこにいるだけで幸せ♡♡

根からのコミュ障なので、肝心の接客は苦手だったのにもかかわらず
1年も長居させてもらいました。

 

わたしはよく
前職のほうが時給良いのにもったいない、などと言われるし
たしかにそうなんだけど
→わたしのこと

お給料目当て、安定のため入った職場って
合わなくて数ケ月でドロップアウトしてしまったり
長く働けても毎日つまんなくて辛かったりして
結果、満たされなかった。

不思議とお金も貯まらなかったり。

 

なのでこの、
「好き」だけで決めて働いたという思い切った経験が
自分の概念を大きく変えました。

 

 

働くことで
何を得て、何を失っているか

 

結局、お給料のよいところで働いたとしても
しんどい仕事、嫌いな仕事をする引き換えにお金をもらうってことは

お金をもらう代わりに時間を捨てていることにほかならないですからねぇ。

時間は二度と戻ってこない、
あなたの大切な財産

 

いくら人から褒めたたえられるお仕事しても
お給料がよくても
立派な肩書きで家族が安心したとしても

自分がそのお仕事で、心をすり減らしていたとしても
誰も、責任は取ってくれません。

それどころか
「ちょっと我慢すればいいだけじゃない。せっかく良い職場に就職したんだから。」とか無責任に言われるだけだからね( ;∀;)

 

 

お金は後からでも取返しがきくけれど
辛い思いや、心を殺して働いたその時間は、
一生、戻ってきません

あなたの人生は、あなたのもの。

 

 

ぜひ、あなたの中の最適解に沿った
幸せなライフスタイルを送って下さいね♡