半年間、WEB業界で働いてみて感じた、「型」を覚えるメリットとデメリット

ノートパソコン

今年の夏に、WEB制作会社に入社して、半年が経ちました。

その前に働いていたところは、
趣味を兼ねて楽しく働いたのに対して

わざわざ仕事も仲間も好きだった前のお仕事を辞めてまで
現職に転職した理由は、
リアルなWEB制作現場で学びたかったから。

それから、「実務経験」にもなりますしね。


久しぶりのフルタイムのお仕事で
木曜、金曜あたりはぐったりしていますが
成長を実感しながらお仕事ができています。



会社ではテキストエディタ、
家ではAdobe


フリーランスとしては
「コードも書けるデザイナー」くらいの立ち位置で
主にデザインを作るお仕事をさせていただいていますが

会社での今のお仕事は、
主に、マークアップ(コーディング)をしています。

会社ではSublime(テキストエディタ)を、
家ではPhotoshop(デザインソフト)を使う二重生活ですが
どちらも愛してますよ(*´з`)

ノートパソコン


わたし個人のお仕事では、個人のお客様がほとんどですが
会社のお仕事では、企業がお客様。
(いわゆるB to Bですね)
なかには個人ではなかなかお請けする機会のないような、規模の大きな企業様も。


どうして自分の事業ではデザインを商品にしているのに
会社にはコーダーとして入社したのか?というと、いくつか理由があるのだけど
その話はまた別の機会に書くとして

WEBデザイナーのわたしが
制作現場でコーディングの実務を経験してよかったこと、そうでなかったことが
働いて半年経ってだいぶ見えてきたので、まとめてみますね★



働いてよかったこと

圧倒的な数をこなして、型が身についた

積み木

これは当初の期待通りでした。

何と言っても、自分でお仕事を受注するよりもはるかに多く、絶えずお仕事があるので、数がこなせます。
数をこなしていれば、繰り返し出てくるパターンや規則性などの、「型」がわかってきます。

そうなると、1からデザインを考えなくても
このパーツはこのあたり、という肌感覚が身に付きますから、レイアウトに悩む時間が大幅に短縮されます。


そういう規則性って、ユーザー側にも無意識に染みついているものなので
(たとえば、ページの上のほうにメニューバーがある、とかね。)
ユーザー側にも見慣れたデザイン、ストレスフリーで親切な設計になったりもします。


自分の知らなかった知識を、人からもらえた

自分で調べているだけだと、どうしても情報に偏りが出てきてしまいます。

人と一緒にお仕事をしていると、
「え、そんなものあったの?!」という情報に驚かされることもしばしば。
たまに笑われますが。笑


相対的な自分の市場価値が掴めた

わたしは開業する前に一度、WEBデザイナーとして働きたくて就活したことがありましたが、残念ながら採用に至らなかったことがあります。

なので、「自分のデザインは趣味レベル、ビジネス向きではない」というセルフイメージが未だにあるのですが、
何気なくしていたPhotoshopの操作を、「早い!」「今のどうやったの?!」と驚かれたりすることがあったりして、強みって自分ではわからないものだなぁと思ったりもしました。

業界の人に褒めてもらえるのは嬉しいですしね。


デメリット

メリットの逆にはなりますが
型が身につく分、デザイン面での冒険をしにくくなりました。

のんびり

コーディングすることが頭の片隅にあるので、弱腰になり
良くも悪くも、「いかにコーディングをラクにするか」を考えるクセがつきます。

コーディングしにくそうな、型破りのデザインを敬遠しがちになって
無難なレイアウトになりがちです( ;∀;)



今後も働くの?

働いてみて、
制作まわりのことだけじゃなくて、WEBマーケティングの知識など、
まだまだ無知だなぁと感じました。



フリーのお仕事とのバランスを見ながらですが
当面はフリーランスとのWワークをしながら、知識を肉づけして

インプットとアウトプットを並行して
自分のお客様に還元できたらいいなと思っています^^

私が徹底していることその3 ~最低限の情報だけでも、コミュニケーションはできる~

久しぶりの更新(^^)/


先日、知り合って日が浅い人と
食事に行く機会がいくつかありました。

食事

そこで改めて感じたことを、書いていきますね。


必ず聞かれる、ひとつの質問

席について上着を脱ぎ、
料理を注文し終わる。

腰を落ち着けて会話をしようという雰囲気になった時
最初に口を開いたのは、一緒にいた人。


「モンドさんって、何歳なんですか?^^」


…食事にまで誘って聞きたかったのは、そんなことだったんだ。

今日この場に来たのは失敗だったなぁ。




そう残念に思ったのは、一度目や二度目ではない。




それを知って、どうするのか

こちらの記事でも書いたように
私は相手の年齢で態度を変える人が嫌いです。





たしかにね、年齢が気になる気持ちはわたしもわかりますよ。

見た目より若いな、老けてるなとか
ついつい考えちゃうよね(*´з`)



だけど、年齢を聞いてどうすかって

自分が、相手に接する態度や立ち位置を決めたいためだけなんじゃないかと思うのですよ。


比べる

年齢で序列を決めたがる日本人

わたしは女性なので
年齢で値踏みされているようで嫌なのもあるけれど

29歳の頃から面倒くさくて、三十路と答えていました。笑





それよりも
1対1の人間関係の場においても、根底で
年功序列や、(いわゆる中学校的な)先輩後輩を意識している人がほとんどであることが 、
古くさいなぁ…と思ってしまいます。


年上=偉い、みたいなね。





もしくは
「○○さんと同い年だよ!」と、
勢いよく言われることもあるけど


「え、タメなの!!きゃ~!嬉しい♡」
…とはなりません。


同世代で嬉しいことには嬉しいけど
同い年=みんな仲良し、というのは
小学生までじゃないでしょうか。苦笑

世代が一緒だからといって、話が合うとも限らないしね。

ごめんねぇ。ノリ悪くて。






コミュニケーションに必要なもの

年齢マウンティングにうんざりしているのは
過去の記事で書いたので繰り返さないけど




年齢を聞かなくたってコミュニケーションは取れるし

気になったとしても
会話の内容で、世代は大体想像がつくもの。

たとえば、この人は20代半ばくらいかなぁ、とかね。


別に、1の位まで正確に(たとえば27歳とか)
ぴったり知っていなくても、そのくらいぼんやりしていてよくない?
知らなくて何か困ることある?
と思うのです。

なぞなぞ


それに、年齢を知り合いっこするのが好きな人なら
会話の流れで、99%自分から言ってきます。笑

「自分は○○歳なんだけど~」ってね。



それにしても、
「年齢を聞くのは失礼」が常識だと思っていたわたしは

脱サラしてからというもの
初対面、初会話で、何のためらいもなく歳をきかれることが多くて
本当にびっくりしたというか、呆れました。

私そんなに年齢不詳?って、悩んだこともあった笑



というか、失礼だよね。
名前も名乗らず、いきなりLINE交換しましょう!とか言ってくるナンパ男と同じです。

(女性でも失礼なことはまったく変わりないと思う。)




最近では、聞かれれて答えるのがいやなので
知りたそうな顔している人の前では
自己紹介と併せて先に自分から言ってしまうこともあります。

それでも言いたくないと思った相手の場合は
会話自体を拒否します(笑)



わたしが心掛けているマナーとは


というわけで、わたしが心掛けていることは、
いたずらに相手の年齢を聞かないこと。

上品

あ、子供や学生さんだったらけっこう聞くかもしれません。
何年生?ってね。



わたしはこちらに書いたように
基本的にタメでも年下でも誰とでも丁寧語で接するので

相手の年齢を知らなくても、全くコミュニケーションには支障ない。


というか、もっと正確に言うと


敬っているかいないかは、年齢ベースではない。

尊敬

目の前の人のあり方やふるまいに感動すれば
年下だってタメだって年上だって、敬意を払います。


そんな、人の本質を見るコミュニケーションを、大切にしています。

PC買い替えに伴う、ライセンス移行のあれこれを書いてみる。

パソコンを変えて1週間。

画面は大きくなったし
動作もめちゃくちゃ早いし

アイデアを電子化できる障壁が少なくなって
テクノロジーの恩恵を受けています~(^^♪

PC新調で困ったこと

しかし
いざ困っていることがあって

それは
ライセンスの移行。

移動

どうにかなるだろうーと思って思いつきでPCを新調したので
どうにかなっているものとなっていないものがあります(笑)

Googleアカウントに紐づいて
お気に入りサイトなどが旧PCのまま反映してくれたのはありがたいけど

ライセンスを移行できたものとできなかったものがあったので
書いてみますね。

Adobe(アドビ)

アドビは一つのライセンスにつき一つの端末上で使えるので
問題ありませんでした☆

旧PCからログアウトし、
新しいPCにログインしたら大丈夫でした♪

新しいPCでアドビアカウントにログイン
Creative Cloudをインストールして
イラレ、フォトショなど使用したいソフトをインストールすればOKですよ~!

ということでこちらは難なくクリア。
しかも、動作が旧PCよりめちゃくちゃ早くて感動…!!!

もはやAdobeじゃないみたい(´;ω;`)

ダイナフォント(デザインフォント)

あらかじめ
旧PCで登録を削除して、新PCで入りなおす
というところをヘルプで調べていたので

旧PCからログアウトして
新しいPCで使えるのかなーと思ったら

できない。

というか、マイページ探しても
入る場所がない。

旧PCで作った領収書がフォント崩れして
すぐ使いたいのにしょぼくなってる…((+_+))

こういう時のために
アウトライン化しておくもんですね…

で、製品情報をよく見ると書いてあった。

1台のコンピュータにつき
1ライセンス…

複数台で使いまわしたいときは
ライセンスパックを購入する必要がある
ようです。

わたしは複数人で使っている企業ではないし
値段も変わらなかったので

結局、ダウンロード製品を購入し直しました。
パソコン買ったばかりで1万円の出費は痛い( ;∀;)

またパソコン買い換えるときに買い直しにはなるけど
なんせパソコン買ったばかりですぐ買い換える予定はないし
3~4年使えたら十分元は取れるでしょう。

せっかくなので旧PCのフォント設定も
元に戻しました。

ちなみに金文体が大好き(^^)/

Microsoft Office

てっきりパソコンについているものだと思っていたのだけど
使えない。

ライセンスキーのカードがついているみたいなのだけど
どこにもない。
ゴミ箱にもない。

まぁ、当面は旧PCに入っているOfficeが使えるので
なくてもそれで十分かなぁと思っていたら

ちょこちょこ会計管理などでExel使ったりするので
デフォルトで入っていた体験版で凌いでいます。

こちらのキングソフトという製品↓

キングソフト WPS Office Standard Edition

新品価格
¥5,899から
(2018/12/16 12:06時点)

これが思いのほかよくてね(^^)/

本家のMicrosoft Officeと桁違いに安い
※Powerpointなしだともっと安い

PC購入した時は
なんか怪しいソフト入ってるなーと思っていたけど
開く用事があって使ってみると
(というか無意識にOfficeで作ったデータを開いてしまった)
スマートで使いやすい。

むしろ、画面がすっきりしていて気に入っている(^^)
※インターフェースは選べるみたいで
Offceのようなクラシカルなデザインにもできるようです

Office Powerpointの画面

今のところOfficeで使っていたファイルを開いても表示崩れもないし
作業画面もそっくりで今まで通りの作業ができるので
いざ必要になったらこっちを買うつもり。

※2019年2月追記
結局購入しました♡

本家と大きく違う点は、SmartArtが入ってないことくらいで
それ以外は不自由なく使えていますよー!

アップデートには対応していない買い切り型だけど
うざいアップデートのお知らせで作業を邪魔されることがないということなのかなとも思うし

5000円なら、それこそPC買い替えor
バージョンがついていかなくなるたびに買っても、
さほど痛い出費でもないかなーと。

どちらにしても、2~3年は難なく使えそう。

ちなみに本家Officeはこちら↓

Microsoft Office Home and Business 2016 (最新 永続版)|カード版|Windows|PC2台

新品価格
¥34,160から
(2018/12/16 12:13時点)

今までは「王道が一番!」と思っていたものも
時代は変わるものですねぇ。

あ、前述のスライドは
あまり深い意味はないので気にしないでくださいね(^^)/笑

ではでは。

フリーランスクリエイターの右腕、PC選びと仕事の効率化

グラフィック

パソコンを買いました!!

 

なぜか、今までは
狭い一人暮らし+お金ない=ノートパソコンという図式だっので
ノートパソコン一択で探していたのだけど

よく考えたら
今のノートPC使い始めてから7年間、
外出先でPCすることは数えるほどしかなく
(人目が気になるだけだからカフェでPCとか憧れない。)

そんなに持ち運ぶ機会がなかったので
ノートじゃなくてもよくない?と思えてきた。

ノートPCって、どうしても猫背にならないといけないから
やたら肩がこるし。

 

 

そうすると選択肢は一気に広がって
辿り着いた結論は

オールインワンPCなるものでした!!

 

 

オールインワンPCってなに?

 

スマホみたいに
電話とかウォークマン機能とかあるの?

って思いますよね。

 

オールインワンPCは
デスクトップPCでいう本体が
モニターと一体化したPCのこと。

つまり

・本体が組み込まれたモニター
・キーボード
・マウス

で成り立っています!

→ASUSさんのサイト

TVみたいな感じでしょうかね。

 

見た目はデスクトップPCさながらですが
中身のスペックはノートPCと同程度らしいです。

 

 

\デスクトップの方がいいじゃん!/

という声が聞こえてきそうですが…

 

どうして間を取ったかというと
スペース確保でした!!

 

 

スペースと機能の最大公約数

 

というのも、
机にノートPCを置くと
同時に書きものするスペースがなくなっちゃうのが悩みでね。

 

デザインしていると
PCしながらラフスケッチ書くとか
逆に、ラフ見ながらPCするとか
アナログとデジタルを同時進行したいこともしばしば。

それがしにくいのが
作業の大きなストレスになっていました。

ノートパソコン

ノートPCって、何気に面積取るんですよねぇ。

 

 

デスクトップも、本体を床置きしてしまえばいいのだけど
なにせ物が多い部屋なので、すっきりさせたかった。

縦に大きい分には、置ける。
そして、AppleさんのMacさながらの洗練された品のあるデザインで、部屋の景観を邪魔しません。

 

有効な作業スペースが増えるうえ、モニターサイズは大きくなるので
(15インチ→23インチ。体感的には3回りくらいかな。)
作業効率が上がることは間違いない。

フォトショップのワークスペースが広々と使えるのはうれしいですね。

 

 

気になるCPU、性能は

 

一つ気がかりだったのが
CPUがIntel Core i7からi5にダウングレードすること。

当時、結構奮発してi7のノートPCを買って、i7のパソコン使っているのが自慢で
i5やi3にするのはなんかちょっといやだなぁと変なプライドを持っていた。笑

 

ですが、スペックを色々調べてみると
(こういう素人のために親切に解説してくれているサイトがたくさんあってありがたい)
昔のi7より今のi5のほうが性能が良いみたいで
少なくとも今のPCよりも性能が数倍良さそうなのは間違いないと思ったので
不安は払拭されました(*’ω’*)

なにせ7年使い込んだからね。

 

7年前、家電量販店の店員さんに
「イラストレーターやフォトショップは使いますか?」って聞かれて

ほとんど使ったことなかったのに
「あ~、時々使うかもしれないです」とか見栄はっておいてよかった。笑

当時は医療従事者でしたから、Officeと音楽再生に使うくらいで
こんなに大活躍してくれるなんて思ってもみませんでした(*´з`)

 

 

クリエイターの強い味方、
グラフィックス(GPU)機能

 

そしてなにより一番の魅力は
グラフィックス(GPU)が付いていること!
(NVIDIA GeForce GTX1050)

グラフィック

これで、1挙動ごとに画面暗くなるのなくなればいいなぁ。笑

 

 

 

作業短縮という財産への先行投資

 

フリーランスのデザイナーやプログラマーにとって
パソコン選びは超重要です。

大げさに言うと、
パソコンの性能次第で仕事の成果を左右しかねません。
いや、大げさではないかも。

 

作業スペース確保にしても、性能にしても
疲労やストレス軽減、時短、作業短縮になるのであれば
価格以上の大きなリターンですよ。

時間を買っているようなもの。

その時間で、さらなる付加価値をつけるか
新規のお仕事をするか
休暇を取るか…
それは自由だし、
選択肢ができるということ自体が大きな価値ですよね。

 

と思って、先週末はずっとスペックを調べていた。
(そのあたりの解説は自分なんかよりずっと詳しい方に譲りますね♡)

 

 

 

でね、ポイント貯まるから
いつも利用している大型家電店さんで買おうと思っていたのだけど

価格を調べているうちに
ネットのほうが1万円以上安く買えることがわかって
ネットで購入してみました。

重たいパソコン持ち帰ってくる手間も省けるしね。

 

下調べって大事ですねぇ。

ASUS ASUS Zen AiO シリーズ ZN242GDK-I58300H シルバー(送料無料)

ポチっとしただけでパソコンが買えるなんて…!
決済の瞬間はガクブルでした笑

 

使い勝手など、またご報告しますね!