「今ここ」を味わう勇気と贅沢。

前回の記事でお書きしたように
ノープランツアーに来ています(*´з`)

勘を頼りに、徒歩圏内をうろうろ散歩して
偶然見つけたものや、その町独特の空気感に、思いを馳せる。

道に迷ったらGoogleマップがあるしね。
↑欲張り心ゆえ、どんどん寄り道したくなって、しょっちゅう迷う。笑



人気の観光スポットや絶対押さえておきたい有名店に行くような
「ノルマを消化していく」旅は、好きじゃなくて

ひたすら、感性のままに足を運ぶ。

あるいは、そんなに外へ出ずに
ホテルでごろごろするだけの旅もあったり♡




そこで出会った偶然に、感動が生まれる。

そんな旅が、わたしは好き。



因果関係を考えると、苦しくなるだけ

予約したホテルには今どき珍しくサウナ付きの大浴場があって、
のんびりとお湯につかっていた時


はぁ~幸せだなー、という感覚と同時に


ここでのんびりしていて良いのかな、という
後ろめたさが頭をかすめた。

目的のない旅なんかしていて大丈夫か自分、
幸せなんか味わってる場合じゃないんじゃない?という不安。


与えてもらったものは、味わい尽くす。

だけど、
そんな脳内を蝕む不安は、一蹴してやりました。


今のわたしは、確かにここに居て
なんだかんだで、のんびりくつろぐことが許される今この状況があるわけで


飛行機もホテルも温泉も、自分のために用意されていて
現地で会ってくれる人がいて
(自分が代金を払ったり、行動したからとはいえ)


それってすごいことだと感じて
ただただひたすら感謝して
その幸せに浸るくらい、良いじゃん!!って。

上品

だって、いやだよね。

せっかく与えられたものがあったとして

「わたしなんか○○ができていないから…」
「他にやらなきゃいけないことがあるから…」
「今日遊んだ分、どうやって取り戻そう」
とか、ブツブツ不安を言いながら過ごすの。


それなら、いっそ何もしないで家にいたほうがいい。


過去も未来も切り離された、「今ここ」

「今ここ」が快か不快かに
いちいち、過去や未来との因果関係をつけなくたって良い。

楽しければ楽しめばいいし
快楽を味わって、次のなにかに昇華すればいい。

そこを切り離した途端に、すごく気持ちが軽くなった。

ではでは、旅路を楽しんできます♡