起業「したい」とばかり言う人は、起業「しない」。

独立起業を目指す立場だったときは
ひたすら教えを乞う立場だったけど

ここ1~2年くらい
起業ブームや働き方改革の後押しか
「自分も起業したい」という声を多く聞くようになりました。

自分で自分のライフワークを創り、舵取りする。

とても立派な事だと思います(*´ω`*)

人に宣言する意味

しかし!!

タイトルの通り

「起業したい」と言う人は
実際に起業しない
と、私は思います。

本当に起業したい人なら
人にわざわざ宣言しなくとも、自分で何かしら始めているはずだし

特に、
「起業したいけど、何が自分に合っているのかわからない」
って
人に言う人なんかは

わたしも自身も
起業したいけどなにで起業しよう…売るものない…
って悩んだ時期があったから
気持ちそのものはすごくわかるのだけど

他人が何かしてくれると期待しているのかな」
と思ってしまう。

これは余談だけど
私情でテナント物件探ししていた時に
某不動産サイトの開業物件用ページに

「業種を決めていない開業予定者からのお問合せが増えています。
当社では業種選択等の相談は受けかねます」
的な
悲痛な注意書き文があって、失笑したことがある( ;∀;)

物件屋さんに起業コンサル求めちゃう人がいるのね。

起業家に「起業したい」とすり寄る人

起業家である私とかに
「起業したいけど何やったらいいかわからない」って愚痴って

別に大して会話もしてないのにFacebook申請来て
(しかもメッセージは来ない。
つまり、ただとりあえず「自分の知り合い」認定して繋がっておきたいだけ)

そんな人って、結局は

「起業したい」と口にしることでアドレナリンが一瞬湧き出て
起業家とつながりを作ることによって
起業家と肩を並べた気になって

まるで起業家になったかのような感覚になり
そこで満足だったりするのね。

迷惑極まりない。

やったからこそわかる
本気の人と、そうでない人

自分にも同じ時期があったとはいえ

わたしは、わからないなりに何か起業の肥やしになればと
アルバイトを始めたり
学校に通ったり
デザインを作って営業したり
名刺を作ってみたり
見切りで開業届を出したり

当てずっぽうながらも動いていたからこそ
自分で考えて動けることがあるのを知っている。

だからこそ

「今は会社員だけど、年末に退職して、年内には事業を立ち上げます!」
「独立のために競合リサーチしました」
「土地の下調べしてきました」
「新規設備の融資ために銀行あたってみました」
「ブログ立ち上げたのでヘッダー作って下さい!」

→ヘッダー画像作ってますよ~とさりげなく宣伝笑)

という、
行動に移している人を見ると
本当に本当に、凄いと思うのです。

それには相当な勇気とエネルギーが要ることを
身をもって知っているから。

あるいは、セミナーはセミナーでも
ただ話を聞いて満足して終わり、ではなくて
参加型のセミナーだったりね。

で、反面
起業セミナー行くと必ずいるのが
過去のわたしのような、起業迷子

「何から始めたらいいかわからない」
「自分に何が合っているのかわからない」

っていう気持ち、自分も通ってきたから、すごく共感する。

新規で起業する人の通過儀礼みたいなものじゃないかな。

もちろん、起業セミナーって
そういう人が来る場でもある。

だけど、
それを私にぶつけても解決しないよ!と思うのです。

「何したらいいかわかんない」って言ってくる人って
けっこういるんだけど

結論の無いグチグチ女子会のように
傷をなめ合ったところで、何も出てこないし
(わたし女子会や意味のないおしゃべりきらい)

そういう人(女性だけでなくて男性もいる)に限って、

仮に
「あなたこんな良いところあるから、こういう業種が向いてそうね♪」
とアドバイスしても
(人の良いところ見つけるのは得意なのよ♡)

「そうですか。でも…○×▼(言い訳)
って、できない理由並べて、やらない。

批判や孤立、売上が立たず貧乏になるリスクなども覚悟のうえで
人生かけて起業して
起きてる時間はほとんど事業計画書やPCに費やして
スキマ時間を見つけては粛々とコード打って
試行錯誤している身としては

そんな、やる気のない人の
「起業ごっこ」と同類扱いされることに
心底腹が立つ。

自営業者になるという
覚悟と適性はあるのか

あるいは、
自分にはどんな仕事が向いているか
アドバイスを期待しているのだとしたら…

人から指示やアドバイスを貰わないと
自発的に動けない
、という時点で
起業家にはなれません。

嫌味でもなんでもなく。

そういう、受け身の人にとっては
指示をもらって仕事をする会社員のほうが
向いていると思うのよ(‘ω’)

本気で人から客観的な助言が欲しいなら
3歩譲って、お金払って起業コンサル受けましょうね♡

↑お金払うと、「回収しなきゃ」という気持ちにもなるので
結果出るの早いですよ~笑

ちなみに私の受けた(有料の)起業グループコンサルでは
「何からやればいいのかわからない」から、
受講生それぞれが別々の道で個々人で行動し、結果出してました。

ブログを開設したり、発信したり
銀行に出向いたり、競合リサーチしたり…

行動するのは結局、自分個人ですからね。

同じ意志と行動力を持つ
仲間は、心地良い

わたしは「起業したい人」に対しては冷たいので

「人に宣言する暇があるなら、動けば?と心で思いながら
「頑張ってね」とだけ伝えて、あまり関わらないようにします。
依存されるだけだからね。

反面、繰り返しにはなるけど

「起業した人」や、
「起業しようと行動している人」は、ものすごく尊敬するし
お互いの役に立てるよう、つながりたいと思っているので
ラブコールを送ります♡

同じく、起業ブームに安易に乗っからず
会社員として責務を全うしている人も、立派だと思う。

微々たる差のようだけど、
話していると、その差はすぐにわかる。

起業して以来、
「起業したいおばけ」に出会う反面(笑)、

本気でやった人や
やろうとしている人にしかわからない
過程や水面下の努力を汲んでねぎらってくれたり、
タイムリーなアドバイスをくれる人にも多く出会うようになって

その時の感動ったら。
いつも嬉しくて泣きそうになる。

↑これも傷のなめ合い?笑

熱く語りすぎたけど
(ビジネスヒント出しすぎたかしら)

わたしは、
とにかく誰とでもつながれば良いってもんじゃなくて

同じく起業の意志を持っている人を厳選して
「想い」でつながっていけたらいいな、と思っています★